詳細について

災害時の家族の安否確認は…

災害用伝言ダイヤル「171」を利用する

震度6以上の地震発生時など、被災地への安否確認電話の集中が予測される場合に、NTTが災害用伝言ダイヤルサービスを開始する。事前契約は不要で、サービスの開始はテレビなどで知らせます。

利用方法

被災地の人は自宅の電話番号を。被災地以外の人は被災地の人の電話番号を市外局番から入力

携帯電話の「災害用伝言板」を利用する

携帯電話各社は、大規模災害発生時に災害用伝言板サービスを提供します。使い方の詳細は各社への問い合わせまたはインターネットの各社ホームページで確認できます。

遠隔地に連絡中継点をつくる

災害時であっても、被災地から外部への電話は比較的つながりやすいと考えられます。そこで、遠隔地の親戚や友人などに依頼して、連絡中継点になってもらう方法も有効です。

閉じる